MENU

健康には無添加の青汁がおすすめ

無添加の青汁でおすすめのものについて情報をまとめました。

 

特に気になる、
青汁によく使われている心配な添加物
についてもチェックポイントをお伝えしていきます。

 

青汁は人工甘味料と増粘多糖類が使われてないかチェック!

チェックポイント

 

現代人の野菜不足が深刻となっている近年、健康の為に青汁を飲んでいるという人が多く、主に生活習慣病が気になる人や忙しい毎日で食事のバランスが崩れている人に人気となっています。

 

しかし、人気の裏には飲みやすさや口当たりを良くするために添加物を用いているものもありますから気をつけましょう。

 

青汁に使用されている主な添加物はアスパルテームなどの人工甘味料と増粘多糖類がよく見受けられます。

 

アスパルテームは厚生労働省の定める人工甘味料の1つですが、長期間継続的に摂取したり大量に摂取することで、アレルギーや健康被害を起こす可能性があるとされています。

 

また、増粘多糖類は表示上ゲル化剤と記載されているものもあります。

 

増粘多糖類自体の危険性は高くはありませんが、注意が必要なのはとろみをつける際の添加物「カラギナン」で、潰瘍性大腸炎との関連性があると疑問視されていますのでゲル状タイプのものを選ぶ時には表示を良く確認することが大切です。

 

青汁などの健康食品について使用される添加物については厚生労働省が定める基準を超えるようなものはほぼ有りませんが、安心して飲むならばやはり無添加のものを選ぶことをおすすめします。

 

無添加の青汁おすすめランキング

無添加の青汁でおすすめのものについてランキングしました。

 

無添加の青汁おすすめ1位 健康道場「粉末青汁」


無添加の青汁おすすめ1位 健康道場「粉末青汁」の特徴

健康道場「粉末青汁」の特徴は、
・5種類の国産野菜を原料とする完全無添加の青汁
・1杯分が10gと、平均的な青汁製品より2.5倍も濃い
・公式サイトからの注文で電動ハンディークリーマーのプレゼントあり
といった点があります。

価格 容量 評価
税別4,500円 1箱10g×30袋(約1ヶ月分) 無添加,青汁,おすすめ
原材料
ブロッコリー、ケール、大麦若葉、明日葉、モロヘイヤ
備考
定期コースではなく1回きりの購入
健康道場「粉末青汁」の総評

完全無添加の青汁は既製品では数少ないのが実状ですが、その数少ない中のひとつです。無添加だけでなく1袋がたっぷり配合で濃いのも特徴です。栄養価の高い本格的な青汁をお探しの方にピッタリです。

無添加の青汁おすすめ2位 ふるさと青汁


無添加の青汁おすすめ2位 ふるさと青汁の特徴

ふるさと青汁の特徴は、
・人工甘味料、保存料、着色料などを無添加
・3種の国産野菜を使用し、特に栄養価の高い明日葉の根を原料としている点が特徴
・お求めやすい価格と全額返金保証、おまけサンプル付きでお得感が高い
といった点があります。

価格 容量 評価
定期コース3,420円(税別) 1箱30包(約1ヶ月分) 無添加,青汁,おすすめ
原材料
あしたば葉茎末、難消化性デキストリン、直鎖オリゴ糖、あしたば根末、桑の葉末、大麦若葉末
備考
定期コースは何回からでも休止・中止・変更可能
ふるさと青汁の総評

完全無添加ではありませんが、添加物は野菜以外では食物繊維とオリゴ糖のみでどちらも健康に有益な成分です。飲みやすい点と価格面のお得感が人気です。

無添加の青汁おすすめ3位 遠藤青汁


無添加の青汁おすすめ3位 遠藤青汁の特徴

遠藤青汁の特徴は、
・ケールが99.9%の無添加青汁
・冷凍パックで届くので製造時の新鮮さをそのままに凝縮
・原材料のケールは無農薬、無化学肥料で栽培
といった点があります。

価格 容量 評価
定期コース3,856円(税込) 1箱28袋 無添加,青汁,おすすめ
原材料
ケール、植物性乳酸菌
備考
定期コースはいつでも中止できて安心
遠藤青汁の総評

いろいろと入った青汁が多い中で、原材料はほぼケールのみというシンプルな青汁です。そのかわりケールは無農薬・無化学肥料で栽培というこだわりが素晴らしいです。味については決して飲みやすいとは言えないですが、劣化していない野菜の栄養をそのまま摂れるフレッシュな青汁です。

 

無添加青汁で一番のおすすめはサンスター「粉末青汁」

おすすめ

 

サンスターの粉末青汁は添加物を一切使用していない完全無添加の青汁です。

 

さらに原材料はブロッコリー・ケール・大麦若葉・明日葉・モロヘイヤの5種類で、すべて国産のものを使用しているので安心安全の青汁です。

 

通常の青汁は1袋4g前後ですが、こちらの粉末青汁は1袋に10gの粉末青汁が入っています。

 

1杯で野菜約100g分の栄養がふくまれているので1日1袋で野菜不足が補えるので毎食後に飲むのは面倒と思っている人にはおすすめです。

 

飲みやすいようにブロッコリーの自然な甘みを生かし、モロヘイヤで粉っぽさを抑えているためそのまま水に溶いても美味しく飲めますが、どうしても青臭さが苦手な人は豆乳やジュースで飲むと良いでしょう。

 

マイクロパウダー製法となっているので水はもちろん豆乳やジュースにも混ぜやすくなっています。

 

長く続けるためには飲みやすく、無添加で栄養豊富なサンスターの粉末青汁をおススメします。

 

公式サイトではお得な定期便やプレゼントも用意されています。

 

公式サイトは以下のボタンをクリックしてご確認ください。